年が明けてから、はや1ヶ月が経ちました。

もうすぐ2月になりますね。

 

よく人生の先輩方が、1年が経つのは年々、早くなっていくと言っていましたが

いつの間にか、、気付けば、私もとっくにそんな年になっていました。

何歳になっても新しい事をいつでも始められる前向きな気持ちでいたいですね。

 

さて、2月3日は節分です。

今年の恵方は「東北東」です。

ここにいる歳徳神という福徳の神に向かって、黙って一本食べましょう。

各ご家庭によって、最初の一口だけ黙る とか、地域によっては、

笑いながら食べる とか ルールがいろいろ違いますが、

その気軽さもこの習慣のいいところ。

ここ30年ほどで根付いた恵方巻きは、豆撒きと合わせて、

しっかり節分の行事を盛り上げてくれてます。

 

恵方巻きには、諸説ありますが、もともと大阪で縁起を担いで

節分の時期にお新香の海苔巻きを恵方に向いて食べる習慣があったそうです。

1998年にコンビニが売り出してから爆発的に広まった「恵方巻き」も

今や、太巻きだけでなく、海鮮巻き、サラダ巻き、海老フライや豚カツ、

そして牛肉まで、いつもより豪華で趣向を凝らした巻き寿司が

各社から売り出され、そこからの、どの一本にするのか選ぶのも楽しいですね。

恵方巻きの経済効果は540億ともいわれているのも頷けます。

食いしん坊我が家の「恵方巻き」・・・  今年はどれにしようかなぁ

種類が多すぎて、選べません!

 

それと、鬼が逃げだす重要なアイテム!!

イワシの塩焼きを食べた後は、柊に刺して玄関に飾っておくのをお忘れなく。

 

おもてなし肉料理 中乃屋

スタッフ S

 

 

 

pagetop