季節の進みはゆっくり、ゆっくりと・・・

配達で、吹田・茨木方面をまわっていると色づいた木々も

落ち葉が目立つようになってきました。

本格的な冬はすぐそこです。

 

最近では、なかなか布団から出られない人も多いのではないでしょうか・・・

 

季節を表す言葉、二十四節気では、そろそろ「小雪」といって

木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃、

そろそろ実際に寒さを感じはじめ冬が近づいてくる、冬の入り口にあたります。

 

つい先日、ようやく北海道で初雪が観測されました。

例年よりも記録的な遅さだそうです。

11月中旬まで初雪がズレ込むのは2012年以来のことで、この年も暖冬かと

思いきや、その後強烈な寒波がやって来たのだそうです。

 

今年は暖冬だと予想されていますが、遅れを取り戻すかのように一気に

季節がすすむかもしれません。。

 

といっても、中乃屋のある吹田市では、

この時期に雪が降ることはほとんどないですが・・・

 

また、ちょうどこの頃、11月から12月上旬の

よく晴れた春のような暖かい日を「小春日和」といいます。

 

小春と付くので冬から春に暖かくなる時に使ってしまいそうになるので

すが、春先に使うのは、誤った使い方なんです。

皆様、ご存知とは思いますが、

何かの番組で日本人の4割が誤った解釈をしているとか・・・

 

季節の移り変わりを表す言葉が、とてもきれいで、意味などあてはめながら、

昔の人はこんな風に季節をたとえていたのだなと、しみじみ・・・

 

自然を感じながら、ていねいに暮らすなんて素敵ですね。

 

 

おもてなし肉料理 中乃屋

スタッフ S

 

pagetop