もうすぐ、ひな祭りですね。

女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。

雛人形と桃の花を飾って、白酒、ちらし寿司、ひし餅や、ひなケーキ、

雛あられ、そしてハマグリのお吸い物。

それぞれに意味があり、女の子のいるご家庭では、どれもはずせない

華やかなお祭りです。

もともとは、中国から伝わった節句の考え方で、

奇数の数字が重なる日には悪いことが起こると考えられており、

その災いや邪気を払うために祭りなどをするようになりました。

三月三日は上巳の節句

五月五日は端午の節句

七月七日は七夕の節句

九月九日は重陽の節句

となり、それぞれの節句にその季節の植物が飾られました。

五月は、菖蒲。

七月は、笹。

九月は、菊。

そして、三月の上巳の節句には桃の花が飾られます。

だから、ひな祭りは「桃の節句」というんですね。

桃の花には魔除けや厄除けの力があるといわれていたそうで、

鬼を退治するのが桃太郎というのもうなずけます。


ひな祭りは厄払いの行事から始まったという説もあり、

三月三日に自分の身代わりとして、ひなに厄を流してもらうのです。

雛人形には、娘の厄を引き受ける役目があるため、災いがふりかからず、
美しく成長して幸せな人生を送れるようにという願いが込められている
そうです。
そして、二枚の貝がピタリと合うのはその貝同士だけという、
相性の良い1人の人と出会うことを願うはまぐり。
女の子の素敵な願いが詰まった、お祭りです。

ここ吹田市では、3月には「ひなあられ」5月には「ちまき」が

給食の献立に入っています。

食を通じて、歳時記を伝える学校給食は素敵ですね。。

おもてなし肉料理 中乃屋

スタッフ S

pagetop