春のイベントといえば、お花見ですね.

今年は気温の差が激しくて、震えながらのお花見となった方も

いらっしゃると聞きますが、、、大丈夫でしたでしょうか?

 

桜の木の下で、大勢でいただくお酒やご馳走って、

どうしてこうも美味しいのでしょうか!

花見のルーツは諸説ありますが、奈良時代のころは、桜ではなく梅が主流で、

桜が定番となり出したのは、平安時代のころのようです。

 

長い時を経て、日本の文化として定着し、受け継がれているお花見。

春先に日本に訪れる外国人旅行者のほとんどが、お花見目当てだそうです。

世界から注目されるのは、嬉しいですね。

 

いよいよ造幣局の通り抜けも、先日始まりました。

夜はライトアップされ、昼も夜も、構内のたくさんの品種を楽しむことができます。

毎年、たくさんある品種の中から、今年の花として選ばれるのですが、

今年は「 紅手毬 (べにてまり)」です。

多数の紅色の花が手毬状に咲く様子から、この名がついたそうです。

花が大きなかたまりで、すごい見ごたえがありますよ。

 

おもてなし肉料理 中乃屋 の近くでは、

豊中市の緑地公園や吹田市の万博記念公園が気軽に行ける

お花見スポットです。先週末はさすがに大渋滞、、、大変な

にぎわいでした。

万博記念公園はじつは日本さくら名所100選にも選ばれているんです。

近すぎて、意外と知らなかったという声が多いんですが、、、

この季節、近所の公園でも心やすらぐお花見スポットですね。

ぜひ、中乃屋のお弁当と桜を楽しんでくださいませ。

 

おもてなし肉料理 中乃屋

スタッフ S

 

pagetop